2010年09月20日

筑波山:茨城県

標高:877m(男体山:871m 女体山:877m)

<ルート>
 R51→R408→筑波神社→御幸ヶ原→男体山→女体山
 →ケーブルカーで下山→お土産屋でお蕎麦→つくばの湯
 →あみプレミアムアウトレット→R408→R51

最近、「山」に目覚め、日々調査中。
しかし、まだ経験が浅いので、山女子(見習い)って感じで。

さて、デビューは月居山(404m:茨城県)でした。
2戦目は満を持して「筑波山」!いえい!
(つーか、割と近場だから故のセレクトっていうのは内緒)

筑波山に異様な執念を持つ友達とスケジュールが会わず、
2戦目にして、ソロという偉業。

日本百名山、日本百景の一つに挙げられている。
百名山のなかでは最も標高が低い山。

5:00出発で下道で行きました。
100919_0732~0001.jpg

100919_0732~0002.jpg

100919_0733~0001.jpg
7:30ちょっと前に、筑波山神社でお参りして登山スタート。

100919_0741~0001.jpg

100919_0744~0001.jpg
割と岩がごろごろしているけど、登山な感じがして、
あたしは好きな登山道。根っこの段差とか萌えだわ。好きな感じ。
ずっと普通の階段よりやウッドチップより断然面白い。
鎖場はなかったな・・。ちっ。

ただ、メジャーなお山だけあって結構人がいて、
自分のペースはかなり乱れる。休憩したいけどベンチいっぱいとか、
休憩してると、後から来た人がベンチに座りたがるので、
出発しなきゃいけないとか。
・・・知名度のある山、休日はだめだな・・。

100919_0806~0001.jpg

100919_0848~0001.jpg
変な木・・・好き。巨木も倒れてた・・・。

そんな山道を登り、9:00くらいに御幸ヶ原に到着。
100919_0907~0002.jpg

100919_0907~0003.jpg
やっぱりちょっと涼しい。そして滝汗。

100919_0921~0001.jpg
豆腐アイス食べてみた。

しかし、ちょうどケーブルカーが着いた時間で、あまりに人が多いので、
休憩もままならず男体山へ。

100919_0944~0001.jpg

100919_0951~0001.jpg

100919_0953~0001.jpg

100919_0954~0001.jpg
男体山からみた関東平野。

・・・山頂はここも人だらけ。1分くらいで即、御幸ヶ原に戻り、女体山へ。

100919_1008~0001.jpg

100919_1010~0001.jpg

100919_1015~0001.jpg
ガマ石・・・見えなくもないけど・・・。

そしてあっという間に山頂。
100919_1022~0001.jpg

100919_1023~0003.jpg
女体山からみる男体山。


100919_1023~0001.jpg

100919_1023~0002.jpg
関東平野


100919_1027~0001.jpg
三角点

こちらも山頂は人だらけ。でも男体山より景色はすばらしい。
岩の上に立ち、登ったんだな・・って実感した。

しかし、人が多すぎたのと、岩ごろごろの登山道だけど、
なんだか標高半分の月居山より全然楽だった気がする。
なんなの?この違い・・・。

100919_1047~0001.jpg
ソロなので、登頂がすめば、用事がなく(だって人がいっぱいでゆっくり出来ない)
帰りはケーブルカーでとっとと下山。

あたしは各地のスタンプを押すのが好きで、今回スタンプノートを
持参するのを忘れてしまったので、また行かなくちゃ。
次は帰りも自力下山するスケジュールを立てて、リベンジします。


100919_1120~0001.jpg
下山後、近くのお土産屋さんで、お蕎麦。

あまりの滝汗御礼だったので、近くの「つくばの湯」へ。
すっきりさっぱりして帰りました。

山・・やっぱりよい!今度はもう少し早く行こうっと。
山頂(女体山)を独占したい!
posted by AQUA_0627 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | *Mountain | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

月待の滝:茨城県久慈郡大子町

100829_1652~0002.jpg
幅  :10m
落差 :15m

滝の裏の岩盤が大きく抉られているため、滝の裏側を見ることが出来る滝。
「くぐり滝」、「裏見の滝」などの異名を持つらしい。(byウィキ)
ドラマ「ガラスの仮面」の舞台になったことでも有名らしい(byウィキ)
「・・・恐ろしい子」(by月影先生)←なんとなく書いてみただけ・・。

滝の裏側!見たい!
袋田の滝から遠征してきました。
実は最初はこの滝のお隣の「もみじ苑」のお蕎麦がメイン、お蕎麦食べて、
うっかり滝見ちゃえくらいの勢いだったことは内緒。

100829_1634~0002.jpg

100829_1648~0001.jpg

100829_1651~0001.jpg

100829_1518~0001.jpg
袋田の滝より、マイナスイオンが多いという噂の月待の滝。
あんなに近寄れるんだから、つーか、浴びれるんだから
断然マイナスイオン量は袋田より上でしょう。

もうね、今日一番テンションあがりました。MAX振り切りました。
滝の裏側に回ったら最後。なにしろ触れちゃうので、どんどん近付いてみちゃって、
気がついたら、全身びしょぬれ。
都内とかで、公園の噴水で水浴びしちゃう子供並みに、水かぶりました。
本当に「風呂上り?」ってくらい頭からびしょびしょ・・・。あたし、加減知らないので・・。

でも、やっぱり近くで触れたりするほうが、感動はするもので。
滝の裏側からずっと眺めていても全然飽きないし、むしろ座り込みたいくらいだった(修行?)

今のところあたしのお気に入りの滝、NO.1です。
滝、好きぃ------。
posted by AQUA_0627 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | *Waterhall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

袋田の滝:茨城県久慈郡大子町

100829_1134~0001.jpg
幅  :73m
落差 :120m
*日本三大瀑布の1つ。

何度か来たことはあるけど、ここ最近は来ていなかった袋田の滝。

西行法師いわく、
「この滝は四季に一度づつ来てみなければ本当のよさは味わえない」
とのこと。そういいながら、最初は秋に来たんだけどその後、
春、夏、冬と三度の季節にも滝を見に来たのと、
滝が四段になっているのとで、別名「四度の滝」とも呼ばれている滝。

というわけで、マイナスイオン盛り食いしたいあたしは、
滝女子としては「夏」を見ておかなきゃということでこの遠足を計画したのでした。

袋田の滝のちょっと手前に町営無料駐車場があり。そこへ停車。
そこから1kmくらい歩くんだけど、早朝だし、いい運動だし、
色々周りの景色を眺めながら行きました。
紅葉とかすごそうだな・・秋も来なくちゃと早速決意。

100829_1124~0001.jpg

100829_1134~0001.jpg
この時期なので、まさに夏の滝を満喫。
緑にキラキラの日差しを浴びてダイナミックに落ちる様は圧巻。
マイナスイオン盛り食いしながら、終始圧倒されっぱなし。
あたし多分ずっと口開いてたわ。

西行法師さんさぁ、あんたの言うとおりだよ。(あんた呼ばわり?)
春の新緑、秋の紅葉、冬の氷結も見てみたい!オールシーズン通わなきゃ。

あ、でも新しく出来た新瀑台、あれあたしいらないわ。
だって、猛烈によく見えるわけでもない上に、遠いし。
だったら旧瀑台の目の前にがつんと広がる滝のほうが
近くてよっぽど感動する。
次回からはあのエレベータ待たなくていいかも。

やっぱり、滝はいい!
posted by AQUA_0627 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | *Waterhall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生瀬の滝:茨城県久慈郡大子町

100829_1058~0001.jpg
幅  :20m
落差 :10m

袋田の滝の上流にある滝。

100829_1100~0001.jpg
月居山から頑張って下山してきたご褒美とか思ったけど、
こじんまりしているけど、マイナーな感じがなかなか素敵だったりするけど、
結構遠巻きなので、感動は半減。もう少し近くで見れるスポットは無いのか。
しかも、木が邪魔でよく見えない(山に来ていてコレを言うか?)

100829_1112~0001.jpg

100829_1122~0001.jpg

展望台があって、そこからの眺めなんだけど、これでも結構遠い。
でもこれ、紅葉ったら最高なんだろうな・・。
こじんまりしてるけど、素敵です。
posted by AQUA_0627 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | *Waterhall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月居山(つきおれさん):茨城県久慈郡大子町

100829_1123~0001.jpg
標高:前山404m 後ろ山423m

月居山は前山と後ろ山の双耳峰ですが、どっちが本峰かわからん。
あたしたちは後ろ山からスタート。

袋田の滝の川を挟んで反対側から出発しました。

100829_0909~0001.jpg

100829_0909~0002.jpg
とにかく、「急」。プチハイキング気分で行ったので、
登山開始5分で「完全になめてました」と山に向かって激しく陳謝。

100829_0912~0001.jpg

100829_0920~0001.jpg
ここ、通っていいの?ってくらい急な石段と狭い尾根道も多くて、
鎖場も何箇所かあって。写真じゃ伝わらないのがものすごく悔しい。
あと、何箇所か鎖場があって、あたし、鎖場好きかも。
若干、リポビタンD気分でノリノリ。すごく楽しかった。

で、トレッキングシューズ買ったのに、プチハイキングだからいいやと、
普通のスニーカー(ディーゼル)で行ってしまったので、やっぱり踏ん張りどころで
パワーがでないし、思いがけず滑るし。
(お家に帰ったら、色も落ちていた。紫の靴なので、足真っ青)

低山でも山は山。なめてかかってはいけないと大反省しました。
でも、月居山は番号のついた指導標識がついていてちょっと安心。

100829_0933~0001.jpg
月居観音の釣鐘堂。
この鐘、がんがん突きました。音が素敵です。
急な階段は永遠に続くんじゃないかってくらい、
長くて、でもその途中で時々、袋田の滝が木の隙間から
見えたりして、それはいちいち感動する。

途中、それはそれは辛くて、きつくて、実際何度ももう降りたかった。
つーか、階段、本当に急で長いし。
でも、なんだか物凄く楽しかった。

100829_0951~0001.jpg
山頂手前でちょっと広場的な。

100829_0954~0002.jpg

100829_0953~0001.jpg

100829_0957~0001.jpg
そして山頂。

100829_1023~0001.jpg
木が多くて、山頂なんだけど、パノラマ絶景ではなく・・。

で、月居観音目指します。

100829_1006~0001.jpg

100829_1024~0001.jpg

100829_1023~0001.jpg
月居観音で目の前が開けたとき、そこに見えるものは
それまでの辛さがどうでもよくなるくらい、すばらしい景色だった。
でも、実はもっともっと壮大な景色を想像しすぎていて、
山頂から見える景色が最高のご褒美だと思っていたので、
過剰なご褒美をいただける気でいて・・・テンションはそんなにあがらなかった。

なので、山頂でゆっくりすることも無く、袋田の滝目指して下山。
つーか、コレもまた激しい急な石段で、足がはみ出しちゃうくらい
奥行きの無い階段で、手摺がないとすくんじゃうようなものでした。

でも、面白かったな。月居山。次はどこに行こうかな。

山、いいです。
posted by AQUA_0627 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | *Mountain | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

袋田遠足:茨城県久慈郡大子町

お出かけしたいところリストがパンパンになり、消化すべく、
満を持して遠足決行。袋田方面へお出かけです。

<ルート>
 柏IC(常磐道)→那珂IC→R118→月居山→生瀬の滝→袋田の滝
 →豊年万作→竜神大吊橋→月待の滝→もみじ苑→那珂IC→柏IC

朝5:00スタート。普段めったに乗らない常磐道。SAもちょっと楽しみだったりします。
今回はちょっと遠出なので、色々予定を詰め込んでみた。

詳細は追々・・・。
posted by AQUA_0627 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | *Excursion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

ラメグラデ×ホロ(ブルー×シルバー)

100826_2321~0001.jpg

100826_2322~0001.jpg
今回、完全前回の色違いバージョンを決め込みました。
自分で自分をパクってみた。

だって、やっぱりラメとホロの最強タッグがかなりツボなんだもん。
この組み合わせ、かなりテンションあがる。
凝ったことしてないのに、見栄えが相当いいから。

ということで、本当に色を変えただけ。
濃厚な青のラメの上に、ターコイズ(大小)とシルバーのホロをランダムに。
で、この色の組み合わせが、思いがけなくホロがすごく浮き上がって見える(錯覚)ので、
なんだか奥行きがでちゃって、なんと、今をときめく「3D」仕様って感じ。
コレにはちょっとびっくり。まさかの展開です。

それにしても、なんだか、さわやかな感じ。
この調子で、このタイプの色違いバージョンはこれからいくつか
展開していく予定。つーかね、そうすると、色だけ考えればあとは
自然に素敵ネイルになってくれるし、あたしのテンションはだだ上がるし、
まさに、「WIN-WIN」。(相手は誰だ?爪か?)
posted by AQUA_0627 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | *Nail | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

瀬戸浜海水浴場(せとはまかいすいよくじょう):南房総市千倉

100808_1031~0002.jpg
AM

100808_1552~0002.jpg
夕方

磯    :あり
駐車場 :あり
シャワー:あり

和田浦と南千倉にはさまれた海水浴場。
こちらも新規開拓、デビュー戦です。

さすが外房。やっぱり波は高め。でも久しぶりに楽しみました。

100808_1323~0003.jpg

100808_1322~0002.jpg

100808_1322~0004.jpg

磯も大充実してたし。とはいってもハゼ系のオンパレードだったけど、
なかなか大漁でした。

ここは大きな岩が多くて、波に打ちのめされて穴とか開いていて、その中に小さな魚とかが
沢山いて、本当に面白い。ただ、波が強い分、なかなか捕獲するのは難しくて、
それもまた楽しくて。

そして何より、まだくらげが出てなくて、本当に楽しめた。たまには外房もいいなあ。

あ、ここの駐車場は、シャワーのお水が流れ込むので、止めた場所によっては、
足元が水溜りになり、あたし達みたいに海の家を使わず、どこでも着替えちゃう人には
ちょっとデンジャラス。でも、公共シャワーはタイル張りで水の勢いもあってかなり◎。

帰りは大多喜町のラーメン屋「馬鹿ちゃん」。去年、海の帰りに気になったお店。
多分、R297を通ったら、誰でも気になるはずのお店。

100808_1845~0001.jpg
「ばかちゃん?」

実は「うまかっちゃん」って読む。あたしはこっそり「ばかちゃん」って呼んでます。
この周辺のお店は軒並み閉店時間が早いので、馬鹿ちゃんは大繁盛。

みそタンタン麺とザーサイチャーハン(友達とシェア)を欲張って食べてみた。
お店の人に「食べれるの?無理だったら持ち帰りように包んであげる」といってもらったけど、
ガッツリ平らげた。あたしは出されたものは残さず全部食べます。
お陰で、ちょー腹満々。でも美味しかった。夢中だったので写真は割愛。
R297を通るときは、ぜひまた寄りたいお店。
posted by AQUA_0627 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | *Sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

沖ノ島海水浴場(おきのしまかいすいよくじょう):館山市

100721_1025~0001.jpg

100721_1025~0002.jpg

磯    :あり
駐車場 :あり(無料)
シャワー:なし(海の家で借りれば1000円)

那古が不発だったので、急遽、懐かしい沖ノ島へ。
沖ノ島は10年前くらいに通っていた海水浴場。
公共シャワーがないので、磯は最高なんだけど、避けていた場所。

ここは真ん中に砂浜があって、左右に海があります。そして無人島。
磯もどちらにもあって、本当に充実してます。
シャワーさえあれば、ちょー完璧。
ここ最近、とても人気のスポットだけど、やっぱり比較的空いてるし。

で、今回、今年初ということもあり、那古は不発だったけど、沖ノ島で一気にテンションアップ。
何しろ魚が満載で。楽しくて仕方なかった。

で、結構いろいろ捕れました。
100721_1613~0003.jpg

まず、右サイド。とても見難いけどオヤビッチャ(幼魚)、イシダイ(幼魚)、
多分オキタナゴ(幼魚)も混ざってます。あとはイソガニとアゴハゼ、アカオビシマハゼ、
イソスジエビのレギュラーメンバー。(本当にわかりづらい)

左側のスベスベマンジュウガニ。これがとにかく大きくて。
写真じゃちょっとわからないかもしれないけど、こぶしを一回り小さくしたくらい。
こんなの見たことなくて、捕まえられたとき大興奮。
とろうとしてとったんじゃなくて、砂に網をもぐらせて、引き上げたら、彼いました。
この人、実は毒があるみたい。(後で調べてわかった)怖っ。

毒といえば、黄色と黒のかわいいお魚の大群を発見!
調子に乗ってわさわさ網ですくっていたら、シュノーケルしてきたおじさんに
「それ、ゴンズイだ」といわれた。

へえ〜ゴンズイだって!いいね!いいね!かわいい〜なんて、その後も調子に乗って
わさわさ捕獲にいそしんでいたら、そのシュノーケルおじさんが去り際に「毒あるよ〜」と。

その瞬間、虫かご、と網をひっくり返しました。怖かった。
そのゴンズイっていうのは、すごい固まって移動をする。
ゴンズイ球っていうらしいんだけど、それをあたしたちは捕ってた。知らないって怖いわ。
あんなにかわいいのにな・・。

あとは捕獲できなかったけど、キュウセン、ウメボシイソギンチャク、ギンポもいました。
9:30くらいから16:30くらいまで、お昼の30分くらいを除いて、ずっと磯にいた・・。
おかげで体は焦げたし、すごい疲れた。

でも久しぶりにきたけど、やっぱり沖ノ島はよいです。
シャワーさえあれば本当に最高なのに。

で、帰りは当然、毎年恒例のばんや。平日なので、猛烈に空いていて、ちょっと拍子抜け。
でも、ゆっくりできました。

100721_1807~0001.jpg
ホタテバター焼き


100721_1814~0001.jpg
赤舌平目煮定食。

赤舌平目が大きくて、がっつりばんやクオリティー。やわらかくておいしかった。

ご飯のあとは、このところの定番になっている、ばんやの湯ですっきりしてから帰宅。
炭酸温泉(人工)好き。

やっぱり、沖ノ島はいい。ばんやはいい。そして磯最高!
posted by AQUA_0627 at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | *Sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

那古海水浴場(なごかいすいよくじょう):館山市

磯    :あり→なし(2010)
駐車場  :あり(無料30台)
シャワー :あり(無料)

毎年通っていたお気に入りのビーチ、多田良西浜からさらに南下。
今年は積極的に新規開拓をするつもりで、那古をセレクト。
というわけで、デビューです。

ドラマ「ブザービート」のロケ地らしい。(観たことねーけど)
撮影にはもってこいかも。だって本当に人がいない。

で、2007年資料では「磯遊び可」の情報だったので、
新規開拓ということで向かったんだけど、磯ねーし。ちっ。

磯のない海には用事はありません。即撤退。
posted by AQUA_0627 at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | *Sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月02日

斜めフレンチ×ホロ×レース

100601_2240~0001.jpg

100601_2241~0001.jpg

やっと爪チェンジ。
今回は1ヶ月以上あいてしまった・・。

で、今回はレースと斜めフレンチデビュー。
色は大人しく紺。黒レースとホロをつけてもらいました。

これ、なかなか可愛い。

今回は珍しくラメもグラデもストーンもスルー。
そしてレースはラブリーなイメージなので
若干抵抗があったんだけど、黒ならいい感じ。

やっぱりテンションダダ上がり。
posted by AQUA_0627 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | *Nail | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

グラデ×ラメ×ストーン

GW前に身奇麗にしておこうかと、ネイルチェンジ。
今回は大分あたしにしては大人しいかと・・。

100427_0628~0001.jpg

100427_0630~0001.jpg

オレンジ色とかって、あたしにしたら随分斬新だわ。ゴールドラメも。

今回はわかりづらいけど、2色を使ってグラデってます。その上にゴールドのラメ。
薬指のグラデの境目辺りに、レッドとクリアのストーンを乗せてみた。

前回が浮かれすぎるくらいゴテゴテだったので、なんともすっきりというか・・。
若干、物足りない・・。まあ、たまにはシンプルでよいかと。
色だけ見たら全然シンプルではない感じだけど。

ちなみに、家では真顔で「手、挟んだの?」「血豆?」とか驚かれてるし。
・・恐るべし、団塊の世代。
posted by AQUA_0627 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | *Nail | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

多田良西浜海水浴場(ただらにしばまかいすいよくじょう):館山市

090729_1006~0001.jpg

磯    :あり
駐車場 :あり
シャワー:なし

毎年常連だったここ。去年からシャワーの水が出なくなったのと、
去年、来たときに車上荒しにあった方がいて、大騒ぎだったので
今年はリストから外していたんだけど、原岡が不発だったので、
急遽、今年も多田良西浜へ。

ここは、「任侠ヘルパー」のロケ地。
地元の人の話だと、昨日撮影に来ていたと。

一緒に来ている友達も、ドラマを見ていて「西浜!!」とわかったと。
あたし達が行ったときは撮影はしてませんでした。
つーか、人がいませんでした。完全なるプライベートビーチです。
後で2ファミリーくらい来たみたいだけど、2hくらいで早々撤退してたし。

で、今日はやっぱり波が高くて、なかなか潮が引かない。
なので、お魚はあまりいなくて・・。

090729_1446~0002.jpg

そろそろカニには興味がなくなってきたあたし達は、ひたすらお魚を探したけど
ちびっこばかりで・・。

090729_1446~0003.jpg
この、ゴミのように見えるのは全部ちびっこお魚。

で、今回、あたし達が夢中になったのは「とんび」

ここはとんびが凄いのね。

遠くをとんびが旋回中、落としたフランクフルトの食べかけを、目の前においてみた。
上からちょー見てるの。とんびって猛烈に目がいいらしくて、置いた瞬間から
低空飛行開始。

でも、なかなか来なくて、やっぱりそれじゃダメかと、よそ見をした瞬間、横からササッ----っと
掻っ攫っていきました・・。

なに?F-22?ってくらい。びっくりした。

直視はしてなくて、横目で視界に入った感じだったんだけど、
大きくて速かった・・。本当に一瞬・・。
何が起きたかわからないけど、確かにフランクフルトがない。

海、磯、そっちのけで、とんびフィーバー。

旋回するとんびを見てるのが面白くて
ずっと、上を見上げながら、とんびを追っかけまわしてました。
子供かよ・・・ってくらい、空高く飛んでるとんびを追い掛け回してんの・・。

とんびも食べ物を持っていないあたし達には勿論興味がなく
全く低空飛行をしません・・。ちっ。やっぱり見えてるんだな・・。
美味しいもの持ってる振りとかしても、バレバレらしい。持っていないのがわかってる。

夢中になって追い掛け回していたので、大やけどでございます。
うっかり、足、真っ赤・・。

で、今回もチェックしてみたけど、案の定シャワーは出ないので、
既に恒例となっている、ばんやの湯へ。

すっきりさっぱりしたので、お隣のばんやでお食事。

今回は久し振りに、「ばんや寿司」にしてみた。

090729_1700~0001.jpg
本日のネタは左上から、イナダ、バチマグロ、金目鯛、アオリイカ、鯵
左下へいって、太刀魚、サワラ、エビ、あわび。

090729_1702~0001.jpg
あとは、イカ生姜

ばんやは常に1人前分が多いのだけど、イカならいけるかと思ったけど
やっぱり甘かった。大量でございます。でも美味しいので頑張って平らげた。

平日なのに、やっぱりちょっと混んでいたばんや。
あんなに美味しいお魚だされたらね・・そりゃ混むさ。

で、帰りに「ヒカリモ」を見て帰ろうと思って寄ってみた「ヒカリモ発生の地」
・・・みえねーし、いねーし。ザリガニの死体が浮いてるし、蚊がすごいし・・。
残念。

今回は3回しかいけなかった海。
やっぱり、根本がヒットかな。うつぼ・・また見たい!!!
posted by AQUA_0627 at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | *Sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原岡海水浴場(はらおかかいすいよくじょう):富浦

今回、唯一デビュー戦となる原岡。

まず、R127から原岡海水浴場に入る道が4つあるんだけど、全部狭っ。
ありえん・・。キャンパーの皆さん、よく通ったなってくらい、狭い。
ワンボックスでもギリ。キャンピングカーなんてアウトだと思う。
他にも道があるのか?

で、着いたとき、磯がない・・。
満潮により、磯が隠れているらしいんだけど、引いたとしても
期待できそうになく・・。ここ最近の磯データを脳内PCではじき出してみた・・。

結果・・・急遽、撤退!ここはねーな。

キャンプが出来るビーチで、結構キャンパーの方々はテント張ってたかな。
臨海学校の人もいたかな。

評判ほどよさそうな感じが全然しなくて、即引き返しました。
posted by AQUA_0627 at 18:50| Comment(0) | TrackBack(0) | *Sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

和田浦海水浴場(わだうらかいすいよくじょう):南房総市

090726_0836~0001.jpg

090726_0833~0002.jpg
磯    :あり
駐車場 :あり(50台 無料)
シャワー:あり(無料)

既にレギュラー化した、和田浦。
環境省選定の「快水浴場100選」にも選ばれた美しい浜辺。水質調査でも最高ランクAA。
だって、本当に真水?ってくらい綺麗です。
環境省が選定するものって、日本の水浴場55選、日本の水浴場88選、快水浴場100選と
スライドしてきているんだけど、和田浦はずっと選ばれてます。

ここは磯が猛烈に楽しい。珍しいお魚満載だし。
今年はお魚目当てで、大きい網新調したし。本格的にイソラー。

気合十分で大好きなうぐいすラインで下りました。

しかし、写真でもお分かりの通り、すごい雲!
そして、写真ではわかりにくいけど、まるで東映レベルな岩に
叩きつけるように荒れ狂う波。
干潮になっても、なかなか引かなかった。

なので、今日の獲物は・・・

090726_1426~0001.jpg
ハゼと極小の磯エビ・・・。ちっ。
15cmくらいのお魚ゲット予定だったのに・・。残念。

にしても、常に不気味な雲行きではあったんだけど、まあまあ天気は良かった。
でも、勝浦辺りはずっと大変な濃霧だった。
かなりどんよりしていて、気持悪いくらい。悪魔に支配された感満載。

しかし、日曜なのに、今回セレクトした道は全てNO渋滞。
勝浦から千葉まで夕方にも関わらず、1.5hでついちゃった・・。(NO高速道路)
この時期、100%ありえない・・。ついてたぜ。
posted by AQUA_0627 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | *Sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

根本海水浴場(ねもとかいすいよくじょう):千葉_白浜

090723_0940~0003.jpg
磯    :あり
駐車場 :あり(500円)
シャワー:あり(無料)*今回未使用

いえ----!今年もやってきました。磯遊びの季節到来!
今年もガンガン攻めちゃうよ。

今回は2日置きに磯遊びという、強行スケジュール。
一発目は根本。

ここは大分前にBBQした事ある気がする。
海の季節じゃないとき。なので、磯はデビュー戦。

で、朝、既に豪雨だったんだけど、勿論強行。
天気予報は止むようなことも言ってたし。

現地到着。

090723_0941~0001.jpg

090723_0940~0001.jpg

ごらんの空模様。そして、人もいない。
そして、この後・・・土砂降り豪雨、超極寒でございました。
冬かよっ!くらい寒い。

もうね、傘も役に立たないだろうくらいの土砂降りの豪雨の中、
鳥肌デフォルト、歯ガチガチいわしながら、磯を堪能しました。

だったらさ、帰ればいいじゃん、磯遊びつーか、海水浴を楽しむ天気じゃないの。
でも、大雨だけど極寒でぶるぶる震えていたけど、凄く楽しくて帰れなかったし、
帰るという選択肢はなかった。寒いの大嫌いなのに・・既に滝修行並みに雨に打たれてるのに。
理由は・・・「磯遊び」ではすまないくらいの大物オンパレード。

まず、ムラサキウニがてんこ盛り。
カニは結構いろんな種類がいて、ヒライソガニ、イソカニは割と少なかったけど、
初めてイソクズガニを発見。
これが、体中に藻がわしゃわしゃついてて、気持悪かった。
で、お魚も結構いて、あたしったら素手でイソカサゴをゲット。

090723_1333~0003.jpg
(微妙に見難いけど・・)

まともなお魚を素手で採ったもんだから、ちょーご機嫌でうろうろしていたら、
遠くから友達が大興奮してあたしを呼んだ。
(海に限らず、どこへ行っても、お互い夢中になると別行動のあたし達)

あわてていってみると・・海のギャング「ウツボ」発見。

いや、初めて見たけど・・怖ぇ----。
金色でね、優雅に泳いでいらっしゃいました。
すっとぼけた顔してるけど、歯が怖いの。

で、暫く見ていて、出てくるのを待っていた。ウツボさんの出待ち。
何度か出てきた後、一旦また隠れたのね。そのたびに奇声!

そしたら、その瞬間、勢いよく飛び出してきた方がいらっしゃり・・
なんと伊勢エビ先生!!!!(なぜ先生扱い?)

090723_1335~0001.jpg
友達が華麗に捕獲。

磯遊びキャリアはあるほうだと思う。もう何年も毎年色んな海の磯を堪能してるし、
でも、さすがに伊勢エビは見るのも捕獲も勿論初めて。伊勢エビなんて、スーパーか
ご飯屋さんにいるものでしょ?海でなんか見かけないもん。
何度も言うけど豪雨のなか、大興奮、テンションMAX振り切ったくらい発狂。

やばい、ちょー楽しい。
そのあと、うつぼは何回か発見できて、そのたびに奇声。

もうさ、磯遊び最高。カニとか採ってる場合じゃない。
あんなにカニを採ることに情熱を傾けていたのに、今は魚をしとめたい気満々。
成長したってことだな。キャリアとともにスキルも確実にアップしているって訳だ。

あたしの収穫物
090723_1333~0001.jpg


お友達の収穫物
090723_1334~0002.jpg


・・漁だな。特に友達の収穫物なんて、海女レベル。仕事的な。

満潮となり、戻って来いとライフセーバーに言われ、既に豪雨、極寒に限界。
ちょっと様子を見ていたんだけど、どんどん悪天候になるばかりなので、
早々に引き上げ、ばんやへ。あまりに寒かったので、ばんやの湯に飛び込みました。
ラムネ温泉へ。本当に体が冷えすぎて、両手がしびれてしまっていたので
生き返った・・。

やっと落ち着いたので、ばんやでご飯。

090723_1630~0001.jpg
今日はヒラメ(半身)の唐揚げにのり汁定食

ヒラメの唐揚げは半身でも十分大きくて、身がしまっていて美味しかった。

のり汁は、のり、てんこ盛り。まさにばんやって感じ。
しかし、あたしはあまり得意じゃなかった・・。

090723_1625~0001.jpg
既に定番化しているアジのなめろう。

しかし、今回のなめろうは・・手抜きでした。ちょっと粗くて、味も微妙。残念。


さて、あまりの悪天候で結局、磯滞在時間は猛烈に少なかったんだけど、
かなり充実したものだったので、いいスタートを切ったかな。
暫く、「ウツボ」ってキーワードだけで、いきなりテンション上がる。

家に戻り、「今日は暑くていい天気だったから、海よかったでしょ?」といわれ愕然。
千葉の最南端は土砂降りでしたといったら、驚いていた。
こっちがびっくりだよ・・。

P.S.
収穫物は勿論リリース。「キャッチ&リリース」、これ基本。
皆さん、元気に海に戻られました。密漁はしてねーぜ。
posted by AQUA_0627 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | *Sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

タアコバ ネイルケアサロン:大丸

最近、爪、無法地帯。
な-----------んにもやってない。
マニキュアどころか、お手入れも全てサボりまくり。

どうしても耐えられなくなり、飛び込んだタアコバ。

ケアしてもらって、半年振りくらいに色を施してもらったら
テンション上がりまくり。

090717_2353~0001.jpg
やっぱり、爪が綺麗だとあがるなあ。
つーか、やらなきゃダメだわ。

しかし、自分でやるのはちょっとメンドクセ。
ここ、なかなか良いので、時々飛び込もう・・。
posted by AQUA_0627 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | *Nail | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

押し花ネイル

090127_2102~0001.jpg
 グラスネイルを習ったので、早速。
 去年の夏、流行ったらしい
 「押し花ネイル」。

 こんな可愛いのが流行っていたとは・・
 知らなかった、あたし。
 まあ、カルジェルとかバイオジェルに
 興味がなかったからな・・。
 自爪にマニキュア派のあたしが、
 「埋め込み」なんて発想なし。

 しかし、とにかくこれが大好評。

 ということで、今も流行っているのか
 知らないけど、あたしの中では
 スマッシュヒット!
 大ブレイク中。竜巻レベル!

 押し花・・撃沈です。
 本気うっとり・・・。

 テンション上がりまくり。

 まあ、これだけ可愛くしても、
 行くところは会社・・。残念、自分。
 グラスネイル、やってよかったな・・。
posted by AQUA_0627 at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | *Nail | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

占い:成田山新勝寺

色んな悪いものが漂ってる気がして、まあ、心が弱ってるときは
占いに頼りたくなるものだ。一応、小厄の前厄だし。
(つーか、女の人ってなんで30代ほとんど厄なんだ?ひどい!)
不安なことも、嫌なことも満載で。
ふわふわして足元がおぼつかない感じが何か嫌で。

友達も精神的にも肉体的にも参っていて、じゃあ、成田山行くか!
ということになり出動。

噂によると意外と当たると。そして、結構皆さん行かれてると。

占いツアースタート。

千葉っ子なので、車でささっといって、10:30くらいに到着。
お正月以外で来るのは久し振り。参道を歩いたのも久し振り(いつも裏からなので)

081015_1101~0001.jpg

081015_1102~0001.jpg

081015_1102~0002.jpg
総門は建て替え真っ最中(?)っぽくて、すごく立派に。実にカッコいい!

081015_1116~0001.jpg
急な階段を上って、大本堂へ。お正月とはまるで別の場所みたい。

081015_1115~0001.jpg
そして、「出会いの広場」の三重塔へ。この塔、カッコいいから大好き。

081015_1115~0002.jpg
この三重塔を下から見上げた屋根の内側の柄がすごく好き。
色が綺麗で可愛いの。うっとりでございます。

で、今日の大目的の噴水公園へ。

成田山新勝寺の奥山公園(通称:噴水公園→今は噴水ないけどね)には
ずらっと占い小屋が並んでます。
朝、雨降ってたし、閉まってる占い屋さんも多くて、お目当ての人のお店は閉まってた。ちっ。

全体的に見て5軒くらいしか、営業してなかった。
評判の一番右がやっぱり人気。すっごく並んでた。でもね、これは人によるみたい。
駄目な人は全然ダメみたいで、やっぱり「相性」があるみたい。

あたしは元々この人に行く気はなかったのでスルー。一切の迷いもなく。
ということは、相性はまったくないということだ。友達が少し並んだみたいだけど、
前の人が全然終わらなくて、諦めて違うところに移動。
ひとりひとりじっくりみているみたいだけど、4時間も5時間も待てない。

占いって、その日、その場所でその人に占ってもらうことが運命というか、
偶然の重なりで、必然ということだし。ここ!って思ったところで占ってもらいました。

まずは荻原さん。

30歳で大きな変化があったねと。
おお、大当たり。今の会社に転職しました。10年先が見えた人と別れました。
転職、別れによって、自分の取り巻いてる環境を一掃、行動範囲も一変した。
確かに大きな変化です。
やっぱり、30歳は最悪だったらしい。確かにきつかったな・・30歳・・。

で、40歳でなにか転機があるから、それまでに結婚、出産をしておけと。
今はすごく運気が強いから、うまくいくと。
運勢はすごくいいので、もたもたしていたらもったいないと。
仕事が面白くなって、婚期を逃したと、そして、結婚に関しては焦らず、
妙に落ち着いちゃってるから、何かが動いている様子に気がつかないと。
本当は既に今動いているはずらしい・・。
・・確かに、世間一般からみると、年齢的には焦らなければいけないらしいけど
特別焦ってない。不安はあるけど、真剣に考えないというか。

・・・つーか、マジですか?一体、今、どこで、何が、動いているのでしょうか・・。

そして、今年は金運も良くて、この先困らないと。
ちょっと余計に入ってくるようになってるはず。でも財蓄できないので、
結構使っちゃうでしょ?と。

はい、あたり。完全あたり。見てた?ねえ、どこで見てた?ってくらいあたり。

あとね、全体的にとてもいい運を持ってるんだけど、ダメなのがひとつだけある。

「部下運」

あああ・・・やっぱり。そうだと思った。超納得。
でも、これはどうにもならないので、変なのが回ってきちゃったら
「ああ、やっぱりまたきちゃったか」と思って処理しろと。
「なんで、こうなの?」って思ってもどうにもならないと。

確かに・・。「またかよ!」「どうしていつもこんなのが回ってくるの?」って思ってました。
それくらい問題児を押し付けられることが多い。しかし、今回、これを聞いて
「やっぱり」って思えて、笑った。
これからは、あたしは部下運がないので、問題児が回ってきても
「ああ、またきちゃったな・・、まあ、部下運悪いから仕方ないな」と諦めて
切り替えることが出来るのでこれは聞けてよかった。

他にも色々、教えてもらって、トータル30分ちょいって感じかな。
すごくわかりやすく的確でした。

で、せっかく来たのでもう少し・・と思って、武田さんに並びました。

前の人がすごく長くて(自分以外の人の分も何人もみてもらってたみたい)
1hちょっと待った。

やっぱり、とにかく運が良いと。そして今が一番強運だと。
その強運期が2011年まで続くと。その間に結婚をしておけと。

同じ事を言われたので、本当にそうなんだなと実感。

これから困ることはなにもなく、結婚も勿論できるし、
すごく理想的な幸せな生活ができると。これはずっとまえ、違う人にも言われたな。

そして、やっぱり「今」既に動き出してると。何かが。
そして、そして、本当なら既に結婚して、子供がいるはずなのになんで?といわれた。
いや、こっちが聞きたい。

丑年っていうのは、早婚か晩婚かなんだって。えり好みをして、後回しにすると
遅くなると。更に仕事が面白くなって、後回しにしたでしょ?と・・あたり。

この3年の強運期で決めましょうと・・。

言われたことは殆ど同じ。とにかく今が一番強運。
やることなすことすべてうまく行くから強気で行けと・・。

頭がいいとか、これから困ることはナイとか、結構いいことをいわれて、軽く小躍り。
まあ、とにかく今、ここ何年か以内に頑張れって事だな。

ちなみに、また言われた「部下運、最悪」・・。わかりました。本当にそうなんだな。
でもね、腹割って話せるようになるまで、信頼を得るまですごく大変なんだけど、
割とそのプロセスが面白いんだよな。そして、意思疎通したときの達成感とか
満足感はなんともいえない。なので、悪いなりに頑張って克服しちゃうよ。

占いって・・

信じるか信じないかは、人それぞれだけど、あたしは信じるかな。
その他、いくつか、こちらがびっくりするようなことを言われて、それが実は当たってて・・。
取り急ぎこれからは悪い事ないみたいだし、いいことなら信じるでしょう。
それによって、笑って前向きに歩き出せるなら、結果オーライ。

ちなみに・・
11:00くらいにこの占い屋さんをチェックして、とりあえず一回参道へでて
お昼を食べて、戻ってきて荻原さん、武田さんに見てもらったんだけど、
最初の占い屋さんチェックのときに一番右で待ってた人最後尾の人・・あたし達が2件回って
さあ、帰ろうとした15:30過ぎくらい・・まだ待ってました。しかも、次の次ってところ。
すごく当たるにしても・・それは待てない。やっぱりあたしには一番右は相性がナイってことだ。

更に・・参道のお団子屋さんの裏のすごく当たるという占い師。お休みでした。ちっ。
週半分はお休みみたい。リベンジしなきゃ。

友達も心配事があって、吹っ切れたみたいだし、新たにやらなければいけないことがわかったって
行ってたし、今日はあたし達にとってよい日でした。

あとね、お正月じゃない、人の少ない成田山ってやっぱりパワー感じます。
なんかわかんないけど、心が穏やかになると言うか、神秘的な・・。

つーか、何よりカッコいいんだよ。結局、成田山って場所は。
posted by AQUA_0627 at 21:00| Comment(1) | TrackBack(0) | *Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

和田浦海水浴場(わだうらかいすいよくじょう):南房総市和田町

080806_1016~0003.jpg

080806_1303~0002.jpg

磯   :あり
駐車場 :あり(無料)
シャワー:あり(無料)

二夕間が閉鎖されていたので、急遽、和田浦へ。
ここはかなりお気に入りなんだけど、久しぶり。

和田浦海水浴場は水が綺麗で有名。
何しろ、環境省の「快水浴場百選」に認定されてるし。

でも、それプラス・・・もうね、磯がパーフェクト。かなり充実。


080806_1302~0001.jpg

カニはもちろん、小さい魚が群れで泳いでいて、
網でがばっと取れちゃいます。
(わかりづらいけど、黒い細い糸みたいなのが、お魚。)

黄色と黒の縞々の魚や緑とピンクの縞々の魚、真っ黒に尻尾だけ
白の水玉柄の魚・・色々いるし、かなり楽しい。
(こっちは捕まえられないけど・・)

やっぱり、和田浦は最高です。
このところ、磯ヒットがあまりないので、来年からデフォかな。
posted by AQUA_0627 at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | *Sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。