2010年08月30日

月待の滝:茨城県久慈郡大子町

100829_1652~0002.jpg
幅  :10m
落差 :15m

滝の裏の岩盤が大きく抉られているため、滝の裏側を見ることが出来る滝。
「くぐり滝」、「裏見の滝」などの異名を持つらしい。(byウィキ)
ドラマ「ガラスの仮面」の舞台になったことでも有名らしい(byウィキ)
「・・・恐ろしい子」(by月影先生)←なんとなく書いてみただけ・・。

滝の裏側!見たい!
袋田の滝から遠征してきました。
実は最初はこの滝のお隣の「もみじ苑」のお蕎麦がメイン、お蕎麦食べて、
うっかり滝見ちゃえくらいの勢いだったことは内緒。

100829_1634~0002.jpg

100829_1648~0001.jpg

100829_1651~0001.jpg

100829_1518~0001.jpg
袋田の滝より、マイナスイオンが多いという噂の月待の滝。
あんなに近寄れるんだから、つーか、浴びれるんだから
断然マイナスイオン量は袋田より上でしょう。

もうね、今日一番テンションあがりました。MAX振り切りました。
滝の裏側に回ったら最後。なにしろ触れちゃうので、どんどん近付いてみちゃって、
気がついたら、全身びしょぬれ。
都内とかで、公園の噴水で水浴びしちゃう子供並みに、水かぶりました。
本当に「風呂上り?」ってくらい頭からびしょびしょ・・・。あたし、加減知らないので・・。

でも、やっぱり近くで触れたりするほうが、感動はするもので。
滝の裏側からずっと眺めていても全然飽きないし、むしろ座り込みたいくらいだった(修行?)

今のところあたしのお気に入りの滝、NO.1です。
滝、好きぃ------。
posted by AQUA_0627 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | *Waterhall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

袋田の滝:茨城県久慈郡大子町

100829_1134~0001.jpg
幅  :73m
落差 :120m
*日本三大瀑布の1つ。

何度か来たことはあるけど、ここ最近は来ていなかった袋田の滝。

西行法師いわく、
「この滝は四季に一度づつ来てみなければ本当のよさは味わえない」
とのこと。そういいながら、最初は秋に来たんだけどその後、
春、夏、冬と三度の季節にも滝を見に来たのと、
滝が四段になっているのとで、別名「四度の滝」とも呼ばれている滝。

というわけで、マイナスイオン盛り食いしたいあたしは、
滝女子としては「夏」を見ておかなきゃということでこの遠足を計画したのでした。

袋田の滝のちょっと手前に町営無料駐車場があり。そこへ停車。
そこから1kmくらい歩くんだけど、早朝だし、いい運動だし、
色々周りの景色を眺めながら行きました。
紅葉とかすごそうだな・・秋も来なくちゃと早速決意。

100829_1124~0001.jpg

100829_1134~0001.jpg
この時期なので、まさに夏の滝を満喫。
緑にキラキラの日差しを浴びてダイナミックに落ちる様は圧巻。
マイナスイオン盛り食いしながら、終始圧倒されっぱなし。
あたし多分ずっと口開いてたわ。

西行法師さんさぁ、あんたの言うとおりだよ。(あんた呼ばわり?)
春の新緑、秋の紅葉、冬の氷結も見てみたい!オールシーズン通わなきゃ。

あ、でも新しく出来た新瀑台、あれあたしいらないわ。
だって、猛烈によく見えるわけでもない上に、遠いし。
だったら旧瀑台の目の前にがつんと広がる滝のほうが
近くてよっぽど感動する。
次回からはあのエレベータ待たなくていいかも。

やっぱり、滝はいい!
posted by AQUA_0627 at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | *Waterhall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生瀬の滝:茨城県久慈郡大子町

100829_1058~0001.jpg
幅  :20m
落差 :10m

袋田の滝の上流にある滝。

100829_1100~0001.jpg
月居山から頑張って下山してきたご褒美とか思ったけど、
こじんまりしているけど、マイナーな感じがなかなか素敵だったりするけど、
結構遠巻きなので、感動は半減。もう少し近くで見れるスポットは無いのか。
しかも、木が邪魔でよく見えない(山に来ていてコレを言うか?)

100829_1112~0001.jpg

100829_1122~0001.jpg

展望台があって、そこからの眺めなんだけど、これでも結構遠い。
でもこれ、紅葉ったら最高なんだろうな・・。
こじんまりしてるけど、素敵です。
posted by AQUA_0627 at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | *Waterhall | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

月居山(つきおれさん):茨城県久慈郡大子町

100829_1123~0001.jpg
標高:前山404m 後ろ山423m

月居山は前山と後ろ山の双耳峰ですが、どっちが本峰かわからん。
あたしたちは後ろ山からスタート。

袋田の滝の川を挟んで反対側から出発しました。

100829_0909~0001.jpg

100829_0909~0002.jpg
とにかく、「急」。プチハイキング気分で行ったので、
登山開始5分で「完全になめてました」と山に向かって激しく陳謝。

100829_0912~0001.jpg

100829_0920~0001.jpg
ここ、通っていいの?ってくらい急な石段と狭い尾根道も多くて、
鎖場も何箇所かあって。写真じゃ伝わらないのがものすごく悔しい。
あと、何箇所か鎖場があって、あたし、鎖場好きかも。
若干、リポビタンD気分でノリノリ。すごく楽しかった。

で、トレッキングシューズ買ったのに、プチハイキングだからいいやと、
普通のスニーカー(ディーゼル)で行ってしまったので、やっぱり踏ん張りどころで
パワーがでないし、思いがけず滑るし。
(お家に帰ったら、色も落ちていた。紫の靴なので、足真っ青)

低山でも山は山。なめてかかってはいけないと大反省しました。
でも、月居山は番号のついた指導標識がついていてちょっと安心。

100829_0933~0001.jpg
月居観音の釣鐘堂。
この鐘、がんがん突きました。音が素敵です。
急な階段は永遠に続くんじゃないかってくらい、
長くて、でもその途中で時々、袋田の滝が木の隙間から
見えたりして、それはいちいち感動する。

途中、それはそれは辛くて、きつくて、実際何度ももう降りたかった。
つーか、階段、本当に急で長いし。
でも、なんだか物凄く楽しかった。

100829_0951~0001.jpg
山頂手前でちょっと広場的な。

100829_0954~0002.jpg

100829_0953~0001.jpg

100829_0957~0001.jpg
そして山頂。

100829_1023~0001.jpg
木が多くて、山頂なんだけど、パノラマ絶景ではなく・・。

で、月居観音目指します。

100829_1006~0001.jpg

100829_1024~0001.jpg

100829_1023~0001.jpg
月居観音で目の前が開けたとき、そこに見えるものは
それまでの辛さがどうでもよくなるくらい、すばらしい景色だった。
でも、実はもっともっと壮大な景色を想像しすぎていて、
山頂から見える景色が最高のご褒美だと思っていたので、
過剰なご褒美をいただける気でいて・・・テンションはそんなにあがらなかった。

なので、山頂でゆっくりすることも無く、袋田の滝目指して下山。
つーか、コレもまた激しい急な石段で、足がはみ出しちゃうくらい
奥行きの無い階段で、手摺がないとすくんじゃうようなものでした。

でも、面白かったな。月居山。次はどこに行こうかな。

山、いいです。
posted by AQUA_0627 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | *Mountain | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

袋田遠足:茨城県久慈郡大子町

お出かけしたいところリストがパンパンになり、消化すべく、
満を持して遠足決行。袋田方面へお出かけです。

<ルート>
 柏IC(常磐道)→那珂IC→R118→月居山→生瀬の滝→袋田の滝
 →豊年万作→竜神大吊橋→月待の滝→もみじ苑→那珂IC→柏IC

朝5:00スタート。普段めったに乗らない常磐道。SAもちょっと楽しみだったりします。
今回はちょっと遠出なので、色々予定を詰め込んでみた。

詳細は追々・・・。
posted by AQUA_0627 at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | *Excursion | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月25日

ラメグラデ×ホロ(ブルー×シルバー)

100826_2321~0001.jpg

100826_2322~0001.jpg
今回、完全前回の色違いバージョンを決め込みました。
自分で自分をパクってみた。

だって、やっぱりラメとホロの最強タッグがかなりツボなんだもん。
この組み合わせ、かなりテンションあがる。
凝ったことしてないのに、見栄えが相当いいから。

ということで、本当に色を変えただけ。
濃厚な青のラメの上に、ターコイズ(大小)とシルバーのホロをランダムに。
で、この色の組み合わせが、思いがけなくホロがすごく浮き上がって見える(錯覚)ので、
なんだか奥行きがでちゃって、なんと、今をときめく「3D」仕様って感じ。
コレにはちょっとびっくり。まさかの展開です。

それにしても、なんだか、さわやかな感じ。
この調子で、このタイプの色違いバージョンはこれからいくつか
展開していく予定。つーかね、そうすると、色だけ考えればあとは
自然に素敵ネイルになってくれるし、あたしのテンションはだだ上がるし、
まさに、「WIN-WIN」。(相手は誰だ?爪か?)
posted by AQUA_0627 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | *Nail | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

瀬戸浜海水浴場(せとはまかいすいよくじょう):南房総市千倉

100808_1031~0002.jpg
AM

100808_1552~0002.jpg
夕方

磯    :あり
駐車場 :あり
シャワー:あり

和田浦と南千倉にはさまれた海水浴場。
こちらも新規開拓、デビュー戦です。

さすが外房。やっぱり波は高め。でも久しぶりに楽しみました。

100808_1323~0003.jpg

100808_1322~0002.jpg

100808_1322~0004.jpg

磯も大充実してたし。とはいってもハゼ系のオンパレードだったけど、
なかなか大漁でした。

ここは大きな岩が多くて、波に打ちのめされて穴とか開いていて、その中に小さな魚とかが
沢山いて、本当に面白い。ただ、波が強い分、なかなか捕獲するのは難しくて、
それもまた楽しくて。

そして何より、まだくらげが出てなくて、本当に楽しめた。たまには外房もいいなあ。

あ、ここの駐車場は、シャワーのお水が流れ込むので、止めた場所によっては、
足元が水溜りになり、あたし達みたいに海の家を使わず、どこでも着替えちゃう人には
ちょっとデンジャラス。でも、公共シャワーはタイル張りで水の勢いもあってかなり◎。

帰りは大多喜町のラーメン屋「馬鹿ちゃん」。去年、海の帰りに気になったお店。
多分、R297を通ったら、誰でも気になるはずのお店。

100808_1845~0001.jpg
「ばかちゃん?」

実は「うまかっちゃん」って読む。あたしはこっそり「ばかちゃん」って呼んでます。
この周辺のお店は軒並み閉店時間が早いので、馬鹿ちゃんは大繁盛。

みそタンタン麺とザーサイチャーハン(友達とシェア)を欲張って食べてみた。
お店の人に「食べれるの?無理だったら持ち帰りように包んであげる」といってもらったけど、
ガッツリ平らげた。あたしは出されたものは残さず全部食べます。
お陰で、ちょー腹満々。でも美味しかった。夢中だったので写真は割愛。
R297を通るときは、ぜひまた寄りたいお店。
posted by AQUA_0627 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | *Sea | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。